WindowsのDTM作業を00:00で配信するには

概要

 
00:00 StuidoでDTM配信をするやり方を紹介します。Windows10の方向けです。

動作確認環境

 
  • OS: Windows 10
  • DAW: Studio One Prime
  • Audio I/F: RME Babyface USB
  • VirtualMixier: VOICEMEETER BANANA

DTMの音を00:00 Studioで配信するための知識

 
00:00 Studioなどのライブ配信サービスは、特別な設定をしない限りPCに接続されたマイクが認識され、そのマイクに入力された音声を配信することができます。
 
音質にこだわらない場合はモニタースピーカーから出力された音をマイク経由で配信することも可能ですが、ステレオの定位が安定しませんし、何よりも意図した音質で配信はされません。
 
今回使う手法は仮想ミキサーを導入し、DAWの出力をそこで一度ミキシングしその仮想ミキサーからのアウトプットを00:00 Studioの音声として使うといった手法になります。オーディオインターフェースにマイクをつないでいる場合は、マイクからの入力もミックスすることが可能です。
 
今回動作を確認した仮想ミキサーは、VOICEMEETER BANANA というDonationwareです。
 
💡
その名の通り寄付を受け付けているアプリケーションなので、気に入った場合は積極的に寄付をすると、今後のアプリケーションの開発にも期待できそうですね!
 

音声配信の設定

アプリケーションのインストール

 
先程紹介した、VOICEMEETER BANANA をインストールしてください。再起動が必要になるので、再起動まで完了させます。
 
再起動が完了したら、Windowsのサウンドデバイスから以下の表示がされることを確認してください。

Windowsの設定

 
Windowsの出力のデバイスの設定をします。現在の設定に戻せるように、設定を変更するまえに現在の設定をメモしておいてください。
 
Windowsのサウンド出力の画面を開き、出力デバイスで「VoiceMeeter Aux Input AUX」を選択してください。設定する前は、オーディオインターフェースなどスピーカーやヘッドフォンに接続されたデバイスが選択されていると思いますが、その設定を変更します。
 
💡
この設定を変更すると一時的にWindowsから出力される音声がミュートされるので注意してください。
 
notion image

仮想ミキサーの設定(Windows音の入力)

 
上記のWindowsの出力デバイスを設定すると以下のミキサーの「VIRTUAL INPUTS」に音が送られるようになります。上記の設定の通り行われると「VIRTUAL INPUTS AUX」のほうに音が送られているはずです。
 
notion image

仮想ミキサーの設定(音のスピーカーへの出力)

 
この状態では、ミキサーにWindowsの出力音が送られている状態ではありますがミキサーのアウトプットがオーディオインターフェースに向かっていません。右上の「A1」をクリックして、下部にある「ASIO:オーディオインターフェース名」を選択します。
 
この例では、「ASIO Fireface USB」を選択しています。
 
notion image

DAWの設定

 
次は、DAWの音声出力を変更します。おそらくこちらもスピーカーもしくはヘッドフォンが接続されているオーディオインターフェースが出力先になっていると思います。
 
この出力先を「Voicemeeter AUX Virtual」を設定してください。
 
notion image

ミキサー側の出力先の設定

 
次は、ミキサーのフェーダーの横にあるA1~A3、B1~B2というボタンの設定をします。
 
A1~A3は物理的な出力が設定されており(上記の例だとASIO経由でスピーカーに出力しています)モニターをするための設定です。
 
DAWからの音などはモニターをする必要があるので、A1へ送るようにアクティブに設定をします。
 
notion image
B1・B2は配信時に利用する仮想インプットに送るための設定です。今回はB1におくりたいのでB1をアクティブにしています。
 
その他、接続されているマイクなどもここでミックスすることができます。上記のミキサーの画面だとHARDWARE INPUTと書かれている部分にマイクをアサインし、上記のA1・B1を選択することでモニターと仮想インプットに送ることができます。

00:00 Studio側の設定

 
00:00 Studioは配信前にマイクを選択する画面が表示されます。そこで「Voice Meeter Output」を選択することで、音声の配信ができるようになります。
 
notion image